2018.05.23

「Gallery ジタン館」での二人展 終了

5月21日まで鎌倉の「ジタン館」で開催されていた
「〜time of memory(時の記憶)〜小春・岡本真実展」の様子。
(小春さんの作品が展示されている部分です)

会期中にUPした記事はこちら


Img_0362


Img_0363


Img_0364

Img_0367


Img_0369

Img_0371

Img_0373

Img_0377


| | コメント (0)

2018.05.14

鎌倉のギャラリーにて二人展開催中

鎌倉にある「Galleryジタン館」にて開催されている、
二人展「〜time of memory(時の記憶)〜小春・岡本真実展」に
行ってきました。

まだ会期中なので、ギャラリーの様子は一部だけお知らせして、
会期終了後にまた写真をアップしたいと思っています。

あえてHPを持たない隠れ家的なギャラリーなので、
ネット上にあまり情報がなかったのですが、
途中にあった看板に詳しい地図が描かれていたので
迷わずに到着することができました。

お散歩しながらたどり着く・・・という楽しみもありますが、
お急ぎの方もいるかもしれませんので、
私が行った道順を書いておきます。

江ノ電「鎌倉高校前」駅で下車して、
改札を出て海を右手に線路沿いを直進します。

Img_0350

踏切のところで左折して坂を上り、
鈴木病院や聖テレジア病院を越えていきます。

道なりに進んでいくと、左手上に「ジタン館」の看板が見えてきます。

Img_0351

その右手、横断歩道の先に赤い矢印がついた看板があります。

Img_0354

矢印の下に、その場所からの詳しい地図が描かれているので、
ぜひ、じっくりと確認してください!

Img_0353

Googleなどではあまり詳しく出ないのですが、
これはとてもわかりやすい地図です。

Img_0358
この階段をのぼるとギャラリーの入口があります。
(ギャラリー内には靴を脱いで入ります)

ギャラリーに入ると、「まずはソファへどうぞ」とご案内いただきました。
駅からギャラリーまではアップダウンがけっこうあるので、
一息ついてからの方がじっくり鑑賞できるから・・・というオーナー様のお気遣いで、
いつもそうされているそうです。

Img_0378

ソファの近くには、小春さんの新作が展示されていました。

Img_0383

小春さんの作品は、小作品から大きな作品まで、
30点ぐらい展示されていますが、
ぜひ注目していただきたいのは、こちらのセンターにある原画(非売品)です。

小春さんが用いている「モノタイプ」という技法は、
版画でありながら1枚しか刷れないのですが、
オリジナルを高精細複製できる技術と出会い、
アートプリントとして販売することが可能となりました。

アートプリントの技術も素晴らしいですが、
やはり原画ならではの素晴らしさがあるので
この機会にぜひ原画を鑑賞してください!

今回は時間がなくて寄れませんでしたが、
江ノ電「長谷」駅にある鎌倉文学館では、
6月10日(日)まで「鎌倉文学館バラまつり2018」が開催中なので、
バラつながりで、小春さんのバラと文学館庭園のバラ、
両方を鑑賞するのもオススメです。

江ノ電1日乗車券「のりおりくん」や
小田急や東急も含めたお得な切符も販売されているので、
ギャラリーと鎌倉観光をセットにする場合は、
ぜひ各鉄道会社のサイトもチェックしてみてください!


「〜time of memory(時の記憶)〜小春・岡本真実展」

会期:2018年5月9日(水)〜5月21日(月)
    11時〜17時
会場:Galleryジタン館(鎌倉市津483-46)
休館日:5月15日(火)

小春さんの在廊日:
5月9日(水)、11日(金)、13日(日)、18日(金)、20日(日)、21日(月)

<特別企画>
華岡将生 フルートによるジャズコンサート
日時:2018年5月20日(日) 13:00〜(サンドイッチBOX付き)
会費:4,500円
お問合せ:0467-32-9658(ジタン館)

| | コメント (0)

2018.03.01

自家焙煎珈琲「みじんこ」 アーティスト企画展終了

2月28日まで自家焙煎珈琲「みじんこ」にて開催されていた
「小春の薔薇絵展」の様子です。

開催中にUPした記事はこちら


Img_0285

Img_0281

Img_0282

Img_0283

Img_0287


Img_0277

Img_0280


| | コメント (0)

2018.02.20

「小春の薔薇絵展」開催中

自家焙煎珈琲「みじんこ」にて開催中の「小春の薔薇絵展」、
会期は2月28日(水)までとなっています。

まだ会期中なので、一部だけ展示の雰囲気をお知らせします。

以下、お店の方に撮影許可をいただいております。

Img_0274

外からお店に入る右手の通路に
小作品が展示されています。
ここが一番じっくり見られると思います。

Img_0290

店内左手にカウンター席があり、
その奥にも作品が展示されています。

Img_0277

店内右手奥のソファー席の壁にも
大きな作品などが展示されています。

そこへ行く通路にも展示されていますが、
店内の作品は席から見るのが基本となります。

日によって混雑具合は違うと思いますが、
平日の11時~12時までの間は
比較的ゆっくり見られるのではないかと思われます。


Img_0291

ホットサンド、とても美味しかったです!

会期終了後に、もう少し写真をUPしたいと思っています。

「小春の薔薇絵展」

会期:2018年1月22日(月)〜2月28日(水)

会場:自家焙煎珈琲「みじんこ」
東京都文京区湯島2-9-10 湯島三組ビル1階
(お店のサイトはこちら


Photo_3

| | コメント (0)

2016.08.25

「HAND繋ぐ ー7人のアート展ー」開催中!

松屋銀座(マロニエ通り館)にて開催中の
「HAND繋ぐ ー7人のアート展ー」に行ってきました!

Photo

1Fはアニエスベーのお店で、
お店の奥にエレベーターがあります。

5Fは、フロアすべてがイベントスペースになっています。

作家の皆さんからお話も聞くことができたので、
長い記事になりますが、写真をたくさん紹介します!

※以下の写真はすべて、
作家の皆さんに撮影・掲載許可をいただいています。

Photo_2

小春さんの作品は、モノタイプの大きなものから、
中・小作品まで、多数展示されています。

Photo_3


Photo_4

Photo_5

こちらは、pingleeさん(=小春さん+Siro さん)のコラボ作品。

Photo_6

こちらも、背景にバラが描かれています。

Photo_7

こちらは、北島雅子さんのガラス彫刻作品。
北海道・ニセコにある「がらすギャラリー童夢」の
代表作家さんです。

Photo_8
サンドブラストという技法で制作されています。

Photo_9
こちらは、北島さんのお嬢さんで作家の
北島陽子さんの作品。

Photo_10
この作品は、こちら側から見ると、このような柄ですが、

Photo_11
反対側から見ると、このような柄になっています。


Photo_12
右端の木工時計は、西馬昇一郞さんの作品です。
家具などを製作する傍らで、このような時計も制作されています。

Photo_13

このキツツキは、本当にコツコツしていて、
静かな部屋だとコツコツという音が聞こえます!

ニセコでは、このキツツキ時計が
オーストラリア人の方たちにとても人気とのことです。

Dsc_5016

ニセコで「WEST HORSE」というギャラリー&ショップを
5月から10月末までオープンしているそうです。


Photo_14
シルバージュエリーのコーナーにも、
小春さんの作品が展示されているので、お見逃しなく!

Photo_15
こちらは、吉光修一さんの作品です。

この模様は、本物の葉っぱを使って石膏で型を作り、
そこにシルバーを流しこんで葉っぱの葉脈を映し出したそうです。

Photo_16

吉光さんは、「身につける自然」をテーマに、
ハンドメイドのオリジナルジュエリーを制作しています。

なんと、ホピ族からネイティブアメリカンジュエリーの技法を学び、
自然と調和して生きるネイティブアメリカンの技法をベースにしているそうです。

写真があまりキレイに撮れませんでしたが、
実物はもっとステキです!

最後は、鳥居純子さんの陶芸作品ですが、
鳥居さんの作品は、見る角度を変えると
違う表情になるので、ぜひいろいろな角度から見てみてください!

こちらの3枚は、すべて同じランプの写真です。
角度を変えると、こんなに違う雰囲気になります。

Photo_17

Photo_18

Photo_19

Photo_20

こちらは新作のお皿ですが、
平置きした状態と、立てた状態では、
バラが違って見えます。

Photo_21

平置きで展示してある作品で、立てて見たいものがありましたら、
作家さんやスタッフさんに声をかければ、
立てて見せてくれるそうです。

Dsc_5125

そして、この人形たちがスゴいです!

見る角度によって、違う表情になり、
見る人の好みによって、どこを正面にするかが
微妙に違ってくると思います。

Dsc_5157


Dsc_5153

ドレスや髪の毛まで、すべて粘土で作られているなんて驚きです。

Dsc_5152


Dsc_5131


Dsc_5137

Dsc_5121

これらの作品も、ぜひ、いろんな角度で楽しんでみてください!


「HAND繋ぐ ー7人のアート展ー」

会期:2016年8月24日(水)~8月28日(日)
    10:00~18:00(最終日は17:00まで)

会場:松屋銀座 マロニエ通り館5F イベントスペース

参加アーティスト:Koharu小春(版画)、pinglee(ジクレー版画)、北島雅子(ガラス彫刻)、
           北島陽子(ガラス彫刻)、鳥居純子(陶芸)、
           吉光修一(シルバージュエリー)、西馬昇一郞(木工時計)

| | コメント (0)

2016.02.10

Koharu小春の作品展「薔薇°(バラード)」開催中!

2月28日まで、台場のギャラリーで開催中の個展に行ってきました!

エンタメ特化型情報メディア「SPICE」にて、
個展に関する記事を書きましたので、そちらも参考にしてください。

記事はこちら

今回の注目作品は、こちら。

Photo

「ファッション」シリーズの2m×3mという大きな作品。

もともとは、一緒に飾られている小さな作品と同じ大きさだったものを、
遊び心で、メッシュ地にプリントしてみたもの。


Photo_2
メッシュ地なので、風が通ります。

お部屋の仕切りとしてロールスクリーンのように使うなど、
実用的な使い方もできる作品です!

Photo_6

こちらのギャラリーは、天井が高く、吹き抜け部分がステキです!

Photo_5


Photo_3

Photo_4


Koharu &Siroのコラボ作品も展示されています。

「第6回 アトマ展」の記事で紹介した、小春さんの作品が
猫の柄になっているという作品もありますよ!
(アトマ展の記事はこちら


Koharu小春の作品展「薔薇°(バラード)」

会期:2016年2月6日(土)~ 2月28日(日)
    11:00~18:00(月曜定休)

会場:ホテル・グランパシフィックLE DAIBA 3F GALLERY21  
    (新交通ゆりかもめ「台場」駅直結) 

Koharu_201602


「薔薇°」のフライヤー(PDF)をダウンロード


| | コメント (0)

2015.11.18

「第6回 アトマ展」麻布十番にて開催中!

今年で6回目となる「アトマ展」が、
元麻布ギャラリーにて開催中です!

今回、小春さんが出展したのは、
グラフィックデザイナー・Siroさんとのコラボ作品。

Photo_2


Photo_3
2016年の卓上カレンダー(1000円)は、
今のところアトマ展でしか販売していません!


Photo_4
小春さんの作品とのコラボが実現した、Siroさんの仔ブタ「bi bi」。
Siroさんは、航空会社のデザインなども手掛けている
グラフィックデザイナーです。

小春さんとSiroさんの出会いは、「阪本文男回顧展」(2014年)。
(2011年に開催された回顧展の記事はこちら

小春さんは高校時代に美術部で阪本氏に指導を受け、
Siroさんは、阪本氏と同じ高校出身(阪本氏の後輩)とのことで、
阪本氏をリスペクトする2人によるコラボが実現しました。


Photo_5
こちらは作品の一部を拡大したものですが、
小春さんの作品の上にたくさんの猫が描かれています。
よーく見ると小春さんの作品がネコの毛柄のようになっていて、
いろんな毛柄の猫に見えます。

ぜひ、会場で実物を見て楽しんでください!

Photo_6
昨年好評だった西丸式人さんの「手描きぽち袋」が、
今年も販売中(3枚500円)。

Photo_7
こちらは今回初参加、
イラストレーター・石川あぐりさんの作品。

「江戸市中物売りの声」「江戸市中世渡方便」など、
江戸の庶民が描かれています。


Photo_8
グッズも販売中!

Photo_9
こちらも初参加、イラストレーター・安藤香子さんの作品。

段ボールとサンドぺーパーが大好き♪とのことで、
作品には、色や素材の違いを活かして、
様々な段ボールやサンドペーパー(紙やすり)が使われています。

Photo_10
段ボールをめくった部分の味わいがとてもステキです!


Photo_11
こちらは、めくれた部分を動物にみたて、
ウサギや鳥などが描かれています。

めくれた形を活かした動物たちを、ぜひ会場で見つけてください!

Photo_13

こちらは、松沢栄一さんの「溶接細工」。
細いステンレスの棒を溶かしながら形づくり、
グラインダーなどで削って仕上げた作品です。

第3回、第4回と参加されていますが、
今回は、花をモチーフにした新作などを出展。

第4回(2013年)の様子は、こちら

Photo_12

「わんこのお着物屋さん」(Maison de Noel)の看板娘「のえる」ちゃんが、
今年も会場に来ていました♪

すべて紹介しきれませんが、
フラワーアレンジメント、写真、陶芸、アクセサリーなど、
様々なアートが展示・販売されています。

六本木、麻布方面へお出かけの際は、
ぜひ元麻布ギャラリーに寄ってみてください!


Photo


第6回 アトマ展


会期:2015年11月16日(月)〜11月22日(日)
   12:00〜18:00(最終日は17:30まで)

11月21日(土) 15:00~は、音楽パフォーマンスもあるそうです!


会場:元麻布ギャラリー
    東京都港区元麻布3-12-3
    TEL:03-3796-5567

最寄駅:南北線 麻布十番駅 4番出口 徒歩5分
     都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩5分
     地下鉄日比谷線 六本木駅 3番出口 徒歩10分


場所は、「オーストリア大使館」のすぐ近くです。


Photo_6


| | コメント (0)

2014.12.18

「第5回 アトマ展」開催中!

今年で5回目となる「アトマ展」が、
元麻布ギャラリーにて開催中です!

今回、小春さんが出展したのは、
NYで制作を始めたばかりの頃に描いた水彩画。

Photo_2
1998年頃に制作された作品です。


Photo_3
こちらは、西丸式人さんの「おもしろアート」作品。
落花生の殻で作られているようです。
「松たけ子」というタイトルを見て、皆さん笑っていました。
このような「おもしろアート」が、多数展示されています。

Photo
西丸さんの「手描きぽち袋」は、3枚500円で販売。
数量限定なので、お早めに!

つづいて、今回初参加の「紅葉窯」さんの作品。
須藤勝彦さんと亜矢子さん(ご夫婦)が、
鹿児島の霧島で制作されています。

ちょうど在廊されていたので、お話を聞くことができました。

Photo_4
ご主人は油絵を専攻されていたとのことで、
油絵の技法を取り入れた作品も制作されています。

Photo_7
写真ではわかりにくいですが、
特殊な窯焚きで虹色の金属光沢(ラスター色)を出す「窯変光彩釉」。
お水やお酒などを入れると、
美しいラスター色がより楽しめるそうです。

Photo_5
こちらは、先月お披露目されたばかりの「霧島散歩茶器」。

「いつでもどこでも、急須で美味しい霧島茶が飲みたい」という声を受け、
日本茶インストラクターや霧島茶の生産者などから意見を聞き、
約1年の歳月をかけて完成させた「霧島茶結楽の会」とのコラボ作品です。


Photo_6
急須の中に、大小2個の湯呑みが「入れ子式」で収納できます。
(この作品は、急須&湯呑み2個のセットで7300円)

急須の中は凹凸がなく、
茶殻が捨てやすい形状になっているので、
水がない場合でも、ふき取る簡易的な清掃が可能です。
通常はフタにある蒸気穴を本体のサイドに作ったので、
フタは菓子受けなどの小皿としても利用できます。

今回出展していない作品も含め、全部で8種類。
他の作品は、紅葉窯さんのブログで見られます。


こちらは、初参加の星素子さんによる、
「言葉アート素ことば(視覚4字詩・コンセプチュアルアート)」の作品。
Photo_8

ご不在だったので、詳しいお話が聞けませんでしたが、
12月20日(土)15:00~16:00 に、「言葉アート素ことばワークショップ」が
開催されます。

参加費1500円 ※活版作品カード付

同じく20日(土)の14:00~15:00には、
バイオリンと創作ダンスのパフォーマンスもあるそうです。

すべての作品を紹介しきれませんが、
フラワーアレンジメント、ワンちゃん用のお着物、
油絵、水墨画など、様々なアート作品が展示・販売されています。

Photo_10
ギャラリーからの帰り道、「けやき坂」のイルミネーションがキレイでした!


第5回 アトマ展


会期:2014年12月16日(火)〜12月22日(月)
   12:00〜18:00(最終日は17:30まで)

会場:元麻布ギャラリー
    東京都港区元麻布3-12-3
    TEL:03-3796-5567

最寄駅:南北線 麻布十番駅 4番出口 徒歩5分
     都営大江戸線 麻布十番駅 7番出口 徒歩5分
     地下鉄日比谷線 六本木駅 3番出口 徒歩10分


場所は、「オーストリア大使館」のすぐ近くです。


Photo_6

| | コメント (0)

2014.01.24

薔薇のサロンコンサート&ギャラリートーク

台場にて開催中の「薔薇の小春」展の関連イベントとして、
1月18日にサロンコンサートとギャラリートークが行われました。

コンサートの会場は、
「ホテル グランパシフィック LE DAIBA」 内にある
プライベートバー「ジー&ジー」。

Photo


2
ソプラノ歌手・秦貴美子さん。

タイトルに「薔薇」が付く曲や、
歌詞に「薔薇」が登場する曲などが演奏されました。


Photo_2
アンコールには、秦さんのご友人や
生徒さんが加わって、「乾杯の歌」を熱唱!

これは、観客はもちろん、
小春さんも知らされていないサプライズでした。


Photo_3
秦さんとご友人のテノール歌手・坂本貴輝さん。


そして、コンサートの後は「ギャラリー21」に移動し、
小春さんのギャラリートーク。

Photo_7

Photo_5
作品の誕生秘話や技法について、
小春さんが直接説明しました。

Photo_6
Koharu小春さん。


サロンコンサートとギャラリートークは終了しましたが、
「薔薇の小春」展は2月末まで開催しています。
(「薔薇の小春」展に関する記事はこちら


「薔薇の小春」展

会期:2014年1月1日(水)~2月28日(金)
    11:00~19:00(最終日は17:00まで)  

会場:ホテル グランパシフィック LE DAIBA 3F
    GALLERY 21

主催:GALLERY 21 キュレーターズオフィス

| | コメント (0)

2014.01.18

「薔薇の小春」展、台場にて開催中です

台場の「ホテル グランパシフィック LE DAIBA」 にある
ギャラリー21にて開催中の「薔薇の小春」展に行ってきました!

ギャラリーはメインエントランスの真上にあり、
メインエントランスと吹き抜けで繋がっています。

Photo


Photo_2

Photo_3
ここから見る作品もステキです♪


Photo_4


Photo_6

Photo_7

新しい「上海」シリーズをはじめ、
初期に制作されたモノタイプの作品などが
多数展示されています。

中でも、今回注目していただきたいのはこちら。

Photo_14 Photo_15

もともと、モノタイプは1枚しか作れない版画なのですが、
数年前に、オリジナルを高精細複製できる技術と出会い、
アートプリントとして販売することが可能となりました。

上の2枚はどちらもアートプリントした作品なのですが、
左の作品は、紙の作品をそのまま額装してあります。

右の作品は、アートプリントしたものをアクリル板に
特殊技術で張り合わせてあります。

Photo_10
映り込みが激しくて、うまく写真が撮れませんでしたが、
作品自体がアクリル板になっているので、
こちらの作品にはガラスはかぶせていません。

ものすごく、斬新なアイデアです。

アクリル板のシリーズも何作品かありますので、
ぜひ、実物を鑑賞してみてください!


「薔薇の小春」展

会期:2014年1月1日(水)~2月28日(金)
    11:00~19:00(最終日は17:00まで)  

会場:ホテル グランパシフィック LE DAIBA 3F
    GALLERY 21

主催:GALLERY 21 キュレーターズオフィス


Photo_8

| | コメント (1)

より以前の記事一覧