« グループ展(新潟)の報告 | トップページ | TEXTILE SHOW -Art for Happiness- »

2011.05.18

阪本文男回顧展 没後25年記念

小春さんの母校、都立雪谷高等学校で
1959年から24年間、美術教諭をされ、
1986年に若くして亡くなられた
阪本文男氏の回顧展に行ってきました。

「阪本先生の素晴らしい作品を、
一人でも多くの方に見てもらいたい」という思いから、
小春さんをはじめとする卒業生で実行委員会を結成し、
開催された回顧展です。

Photo
会場の「パルスギャラリー」は
神楽坂通りから細い路地に入り、
少し坂を上ったところにあります。

Photo_2
小春さんが学生の頃は、
大きな作品を描いているところは見たことがあったけれど、
小さな作品はあまり見る機会がなく、
今回初めて公開された作品も多いそうです。

Photo_3

Photo_5
カフェスペースの壁にも、作品が展示されています。

回顧展をきっかけに、久しぶりに同級生が集まって
コーヒーや紅茶を飲みながら
おしゃべりを楽しむのもよいですね。

Photo_6
入口付近には、資料閲覧コーナーもあります。

Photo_8
スケッチブックなども、自分でページをめくって
見ることができます。

Photo_7
資料閲覧コーナーにさりげなく置いてありましたが、
これは、高校時代の小春さんがモデルだそうです!

阪本氏の作品の中には、
「Koharu小春」の原点が感じられるものがありました。

Photo_9

Photo_10

特に、この作品などは、
小春さんの作品に通じるものがあると感じました。

でも、小春さん自身は、当時、これらの作品を
見た記憶はないそうです。

作品として目にする機会はなかったかもしれないけれど、
阪本氏に学んだことによって、
「何か」が伝わってきたのかもしれませんね。

そして、高校時代に、阪本文男氏に出会ったことが、
「Koharu小春」のはじまりだったのかもしれません。

小春さんだけでなく、きっと、多くの方が
阪本氏から「何か」を受け取り、
ステキな作品を生み出していることでしょう。

今、高校に通っている学生さんたちにも
ぜひ、見てもらいたい展覧会です。


阪本文男回顧展 没後25年記念
会期 2011年5月7日(土)~5月24日(火)
     11:00~19:00(最終日は16:00まで)
会場 神楽坂 パルスギャラリー
    新宿区神楽坂2-21
    JR飯田橋駅 西口より徒歩6分
    東京メトロ飯田橋駅 B3出口より徒歩4分
TEL 03-3260-1349


|

« グループ展(新潟)の報告 | トップページ | TEXTILE SHOW -Art for Happiness- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グループ展(新潟)の報告 | トップページ | TEXTILE SHOW -Art for Happiness- »