« 「あけぼの展」 オープニング | トップページ | 版画研究会のレポート・その2 »

2010.01.24

版画研究会のレポート・その1

小春さんが講師を務めた
第126回版画研究会に参加してきました。

100122_hangak1

版画研究会」は、国立版画美術館の設立を希望し、
1989年に発足しました。
2ヶ月に1回行われる勉強会では、
アーティストや各分野の専門家を講師として招き、
版画に関する理解を深めます。
勉強会の要旨は、年1回発行される
会報(英訳併記)でも紹介されています。

会報は、国会図書館をはじめ、
横浜美術館、町田市立国際版画美術館、
墨田区文化振興財団、東京芸術大学(美術館、図書館、版画研究室)などに
収蔵されているとのこと。

詳細は版画研究会のHPに書かれていますので
版画に興味のある方は、
ぜひチェックしてみてください。
浮世絵が好きな方などにもオススメです!
版画研究会(会員募集中)

今回、小春さんが行った講演のテーマは、
「NY(ニューヨーク)のエコな版画技法」。

モノタイプがどのように作られるか、
シルクアクアチントやチノコレといった技法の特徴を
作品や版を見せながら説明してくれました。

100122_hangak6
版と作品を並べて見ることができるという、
とても貴重な機会でした。

興味深い話が多かったので
何回かにわけてお知らせしようと思っています。

|

« 「あけぼの展」 オープニング | トップページ | 版画研究会のレポート・その2 »

コメント

早速のご紹介ありがとうございました。
小春さんの作品はフレッシュで、作品制作過程がよく分かるように解説くださり、制作の楽しみが伝わってきました。小春さんの更なる発展がとても楽しみです。
 

投稿: 版画研究会 阿部 | 2010.01.26 18:08

>版画研究会 阿部様

コメントありがとうございます。
実際に版などを見ることができ、
とても楽しかったです。
貴重な機会を作っていただきまして
ありがとうございました!

投稿: asako | 2010.01.26 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「あけぼの展」 オープニング | トップページ | 版画研究会のレポート・その2 »